管理人の日記

ウェブサイト『かずしげの部屋』の管理人の日記です。

回転寿司@スシロー(東灘店)

所用のついでに、JR甲南山手駅近くで昼食。
昨年11月以来、11ケ月ぶりの回転寿司~~(^-^)

回転寿司「スシロー(東灘店)」にて、
嫁、100円×8皿、280円×1皿、アイス100円、
私、100円×6皿、280円×1皿
2060円+消費税164円で、2224円也。

写真は、100円ではありませんよシリーズの“あわび”、280円。

20161009.jpg

二代目春蝶生誕祭~生きてはったら75歳@天満天神繁昌亭

繁昌亭の夜席へ嫁と行ってきました。
二階席もほぼ満席、200名くらいの入りでしょうか。

2名×2500円(前売り)=5000円也。
先代(二代目)桂春蝶さんの思い出話がたっぷり聞けました。

【本日の演目】
つる/桂紋四郎
昭和任侠伝/桂花團治
一文笛/桂一蝶
~中入~
(座談会)/桂一蝶、桂花團治、桂春蝶、内海英華
(女道楽)/内海英華
エルトゥールル号物語/桂春蝶   

三味線/はやしや絹代

▼紋四郎さん・・・、
姿勢が良いと好感度も上がりますね。
▼花團治さん・・・、
先代直伝で楽しませていただきました~。
▼一蝶さん・・・、
キャラクターと違うネタのように思いましたが、良い感じでした。
▼英華さん・・・、
お見送りの際、接近しましたが『べっぴんさん』でした。
▼春蝶さん・・・、
ご自身の創作です。

20161005.jpg

第166回須磨寺落語会@須磨寺

1983年(昭和58年)5月から始まった落語会で、
ほぼ隔月で行われる梅團治さんと鶴二さんの会です。
毎回200名を超える大きな会です。
嫁と行ってきました。

2名×1500円=3000円也。

【本日の演目】
みかん屋/林家染吉
七度狐/笑福亭鶴二
書割盗人/桂文昇
~中入~
お玉牛/桂梅團治
桃太郎/笑福亭福笑

三味線/花登益子

▼染吉さん・・・、
私自身久しぶりの『みかん屋』が聞けて嬉しかったです。
▼鶴二さん・・・、
この噺で一番好きな部分は“べちょたれ雑炊”を食べるところ(^o^)
▼文昇さん・・・、
落語では初遭遇。見た目のクールさとは真逆でまったり良い感じ~。
▼梅團治さん・・・、
この会では、年内は春団治さん直伝のネタをされています。
▼福笑さん・・・、
古典が聞けて満足!福笑版“桃太郎”は豪快過ぎます(^o^)

20161002.jpg

第42回東西落語名人選(夜の部)@神戸文化ホール中ホール

嫁が前売券を購入してくれました。ごちそうさまでした(^^;

昨年この会で拝見してとても良かった柳家三三さんと、
初ナマの林家正蔵さんがお目当てです!

ほぼ満席、900人弱くらいでしょうか。

【本日(夜の部)の演目】
柳家三三/高砂や
林家正蔵/鼓ケ滝
月亭八方/猫の忠信
柳家小三治/長短
~中入り~
笑福亭仁智/源太と兄貴
桂文枝/皿屋敷

三味線/内海英華、はやしや香穂

▼三三さん・・・、
将来、東京の落語界を担う、お一人かと思います。
▼正蔵さん・・・、
正蔵さんを嫌っている方がたくさんいらっしゃるのは事実ですが、
私は好きですね\(^-^)/
まあ、『ねたみ』や『先代は良かった』的なことなのでしょうね(?)
▼八方さん・・・、
『秘伝書』が聞きたかったです。
▼小三治さん・・・、
登場人物二人のの演じ分けがすごいです。
▼仁智さん・・・、
人気が高いご自身の創作ですね。
▼文枝さん・・・、
古典を演るのでは、と予想していたところ、『皿屋敷』でした。
以前、桂春之輔さんから教わったと言っていたとおり、春之輔さんと似ていました。
古典なら『栴檀の森』(=『ふたなり』)を期待したのですが、またの機会に。

20160924.jpg

桂文之助独演会@新神戸オリエンタル劇場

文之助さんの独演会に、嫁と行ってきました。
2名×2000円(B席前売り)=4000円。

【本日の演目】
寿限無/桂弥太郎
つる/桂文之助
野ざらし/桂まん我
三枚起請/桂文之助
~中入り~
磐若寺の陰謀/桂文之助

▼弥太郎さん・・・
『好きな人の名前を千回書くと恋が叶う』くだりは私は初めて。
▼文之助さん・・・(一席目)
流れが若干違っていたように思ったのは気のせいかなあ(?)
▼まん我さん・・・
『替わり目』を予想していましたが、『野ざらし』が聞けました~\(^-^)/
夫婦とも久しぶりにまん我さんを堪能しました。
▼文之助さん・・・(二席目)
起請に見立てた『手ぬぐい』の使い方が綺麗で丁寧で感激。
▼文之助さん・・・(三席目)
小佐田定雄さんの創作です。

(※)大きないびきをかいていた男性がついに係員に注意されました。
無理やり誘われて来たのならともかく、
一人でしたので自分の意志で来られたのだと思うのですが。

20160917.jpg

第52回やなぎはらYEBISU亭@柳原蛭子神社

神戸市兵庫区の柳原蛭子神社での
月亭文都さんの会に、嫁と行ってきました。
自宅から徒歩25分。

2003年(平成15)9月から始められた会で、
年4回おこなわれています。
20数名くらいの入りでしょうか。

2名×1800円(電話予約)=3600円。

【本日の演目】
つる/月亭都来
米揚げ笊/月亭文都
桃太郎/月亭秀都
鴻池の犬/月亭文都

▼都来さん・・・
開場時の受付と終演後の抽選会の司会もされていました。
▼文都さん・・・(一席目)
実はこの噺を初めて聞いたのは、“明石家さんま”さんが演じた音源なんです(^-^)
▼秀都さん・・・
すいぶんしっかりとされてきた印象です。
▼文都さん・・・(二席目)
登場時間は短いですが、丁稚さんが可愛いです。

20160911.jpg

第457回もとまち寄席恋雅亭@神戸風月堂ホール

1978年(昭和53年)から始まった落語会で、
毎月10日におこなわれています。

嫁と行ってきました。夫婦とも仕事を終えて何とか間に合いました。
2名×1800円(前売)=3600円。
前売り完売、200名くらいでしょうか。

【本日の演目】
金釣り/笑福亭生寿
七度狐/桂紅雀
一文笛/笑福亭銀瓶
住吉駕籠/桂枝女太
~中入~
もう半分/露の團六
いくじい/笑福亭仁智

三味線/勝正子

▼生寿さん・・・、
珍しいお噺、桂団朝さんから教わったようです。
▼紅雀さん・・・、
なかなか神戸で出会えない紅雀さんを楽しみに。(^-^)
ハプニングが二つありましたが、スピード感あふれた楽しい時間でした~。
何度でも聞きたいです。
▼銀瓶さん・・・、
ほんとうに良くできた素晴らしいお噺ですね。
▼枝女太さん・・・、
演じる方によっては、くどくて苦手な噺なのですが、くど過ぎず良かったです。
▼團六さん・・・、
春之輔さんや梅團治さんのと違って、さっぱりした感じが良かったです!
▼仁智さん・・・、
古典の『無いもの買い』を聞いてみたいなあ。(^^

▽風月堂の『風』は正式には『虫』ではなく『百』でございます。
20160910.jpg

第205回兵庫区民寄席@兵庫区公会堂

昭和53年(1978年)から年に5回程度行われている会。
1月、3月、6月、9月、11月かと思います。
本日は、290名とのことです。

嫁と行ってきました。
2名×1000円(前売り)=2000円也。

【本日の演目】
いらち俥/桂團治郎
荒大名の茶の湯/笑福亭風喬
男装エレジー/桂あやめ
~中入~
豊竹屋/桂花團治
明烏/桂文太

▼團治郎さん・・・、
元気よく良かったです。
▼風喬さん・・・、
汚い噺です(笑)抹茶が飲めなくなりそうです。
▼あやめさん・・・、
苦手意識はすっかり克服できています(笑
▼花團治さん・・・、
トリ前なのでこの噺かなと思ったら、そのとおりでした(^^;
▼文太さん・・・、
マクラの内容で、『松島心中』が聞けるか!
、と期待しましたが、『明烏』でした。
いずれにしても大満足でございました。

▽兵庫区公会堂は、兵庫区役所の地下1階となります。
20160909.jpg

第26回彦八まつり@生國魂神社(二日目)

昨日に引き続き、彦八まつり”(二日目)へ嫁と行ってきました。
日焼けすることに全力を注ぎました~(^o^)

上方落語協会茶道部「楽茶会」によるお茶席に、
千利休に扮する桂文枝さんも参加。
境内から外れた裏道でしたので気付かなかった人が多かったかも。
写真もOKです。
横顔は桂あやめさん~。

20160904.jpg

第26回彦八まつり@生國魂神社(一日目)

私が14時で仕事を終えることができ、嫁も珍しく土曜日が休暇日だったので、
大阪・生國魂神社で行われている、
第26回“彦八まつり”(一日目)へ嫁と行ってきました。

上方落語協会によるファン感謝デーみたいなものです。
桂花團治さん、月亭文都さん、桂梅團治さんとお話しました。

三味線の、はやしや香穂(かほ)さんともお話できました~\(^o^)/
嫁はツーショットも撮っていただきました。

ブログへの掲載も快く了承いただけました。
『ぜんぜん大丈夫です~、5時半からの落語家バンドに出ます、宣伝してください~。』

20160903.jpg

から揚弁当@ほっともっと(高速長田店)

28日ぶりの休暇日です。
世間の皆さまが夏を満喫される時期は休みはありませんが、
ご安心ください。元気です。

という訳で、自分へのご褒美に好物の鶏の唐揚げを(^-^)

朝食兼昼食、
ほっともっと(高速長田店)にて、“から揚弁当”を持ち帰り。
2名×470円=940円也。

20160828.jpg

朝びき鶏のたたき@食肉館(尼崎市・三和本通商店街)

尼崎市三和本通商店街の精肉店、“食肉館”にて、
“朝びき鶏たたき”を購入。

半額セールを2パック、
470円+消費税37円=507円也。

1パックが鶏ももステーキくらい大きいので、
嫁と1パックづつ食べるとこれだけでお腹いっぱいです。

霧島酒造の芋焼酎“黒霧島”のお湯割りをいただいてます。

20160817.jpg

オリジナルカレー@ほっかほっか亭(尼崎昭和通店)

2012年2月26日以来、
4年5ヵ月ぶりに、“カレーライス”を食べました~。

本日のランチ、
ほっかほっか亭(尼崎昭和通店)にて
“オリジナルカレー”を調達。
380円也。

“カレーライス”は、好きでも嫌いでもありませんが、
朝と昼はほとんどパンで、夜は焼酎とおつまみなので、
登場する場面が無いんです(^-^)

20160807.jpg

角座ミナミはなしの会其の二@道頓堀角座

道頓堀角座へ初めて嫁と行ってきました。
満席でした。120名くらいの入りでしょうか。

2名×2500円(前売り)=5000円也。

【本日の演目】
手水廻し/笑福亭生寿
ぞろぞろ/森乃石松
尿瓶の花活/笑福亭生喬
うなぎ屋/笑福亭松枝
~中入り~
(対談)桂小春團治×前田憲司(芸能史研究家)
婦人車夫/桂小春團治
立ち切れ線香/桂福團治

三味線/はやしや律子

▼生寿さん・・・、
この噺、理屈抜きで楽しめるので好きです。
▼石松さん・・・、
ぜひ“笑福亭福松”を襲名して欲しいですね。
▼生喬さん・・・、
橘ノ圓都さんの音源で聞いたことがあります。よい噺です。
▼松枝さん・・・、
本日一番の爆笑でした~。
▼小春團治さん・・・、
前田さんとの対談で、“初代”小春團治さんの全貌をたっぷりと!
その“初代”小春團治さんの創作を復刻、本日ネタおろし。
どんな噺かは、本日見に行ったお客さんだけのご褒美ということで(^-^)
▼福團治さん・・・、
米朝さん一門系とも、先代の文枝さんとも違う感じです。

20160731.jpg

お持ち帰り@魚河岸のすしえびす(西代店)

“魚河岸のすしえびす”(西代店)にて
お持ち帰り用(おまかせ12巻入り)を調達。
2パック×880円=1760円也。(税込)

家から片道徒歩5分の“長田店”は、
板前から店員に至るまで態度が悪いので絶対に行きません。

家から片道徒歩17分の“西代店”は、
きびきびとハツラツとした応対が素晴らしいので、
ウォーキングを兼ねて歩いて行ってきました~(^-^)

霧島酒造の芋焼酎“黒霧島”のお湯割りをいただいてます。

20160724.jpg

冷たいぶっかけうどん@丸亀製麺(尼崎神田中通店)

本日のランチ、
丸亀製麺(尼崎神田中通店)にて
“冷たいぶっかけうどん(並)”を食す。
290円也。

無料トッピングは、シンプルにネギと生姜だけにしました。
天かすを入れると出汁が濁ってくるので入れなくなりました。

20160718.jpg

第三回須磨区民寄席@須磨区民センター

須磨区民センターで行われている“須磨区民寄席”へ
嫁と行ってきました。

2015年1月から始まった会で、不定期開催です。
梅團治さんが幹事役です。
定員300名に対して280名の大入りのようです。

2名×1000円(友の会)=2000円也。
須磨区民でもないのに、友の会会員です、すみません(^^;)

【本日の演目】
牛ほめ/笑福亭智之介
青菜/桂梅團治
(女道楽)/内海英華
多事争論/笑福亭仁智

三味線/勝正子

▼智之介さん・・・、
照明の影響で高座が高温のようで大汗で熱演。
▼梅團治さん・・・、
久しぶりに『須磨の浦風』を聞きたかったなあ。演る方が少ないです。
▼英華さん・・・、
結った日本髪とお着物姿で、JRで来られたそうです。
▼仁智さん・・・、
JR兵庫駅で降りてしまって道に迷い、乗り直したようです。

20160710.jpg

第165回須磨寺落語会@須磨寺

1983年(昭和58年)5月から始まった落語会で、
ほぼ隔月で行われる梅團治さんと鶴二さんの会です。
毎回200名を超える大きな会です。
嫁と行ってきました。

2名×1500円=3000円也。

【本日の演目】
延陽伯/笑福亭生寿
皿屋敷/桂梅團治
鹿政談/桂春若
~中入~
百年目/笑福亭鶴二

三味線/花登益子

▼生寿さん・・・、
聞き取りやすいところが好きですね。
▼梅團治さん・・・、
この会では年内は春團治さん直伝のお噺をされます。
▼春若さん・・・、
恒例のジョークはよくウケて、ご本人も御機嫌でした~。
▼鶴二さん・・・、
米朝さんから勧められて伝授されたという春若さんから教わったそうです。
楽屋では春若さんが紙とボールペンを持って添削中だとか(^o^)

20160703.jpg

第51回やなぎはらYEBISU亭@柳原蛭子神社

長らく、『心の旅』に出ておりまして、久しぶりの日記です(笑)

神戸市兵庫区の柳原蛭子神社での
月亭文都さんの会に、嫁と行ってきました。
自宅から徒歩25分。

2003年(平成15)9月から始められた会で、
年4回おこなわれています。
いつもの半分の30名くらいの入りでしょうか。

2名×1800円(電話予約)=3600円。

【本日の演目】
延陽伯/月亭秀都
うなぎ屋/月亭文都
軽業講釈/桂小留
日和違い/月亭文都

三味線/勝正子

▼秀都さん・・・、
登場人物がちぐはぐになった所もありましたが好感度上々。
▼文都さん・・・(一席目)、
たぶんネタおろしされたばかりかと思います。ベテランの前座噺。
▼小留さん・・・、
開演前に照明チェックで何度か前を通られたので少しお話を(^-^)
▼文都さん・・・(二席目)、
この噺の面白さが良く解らなかったのですが、本日でクリアしました!

20160626.jpg

昼席@天満天神繁昌亭

繁昌亭の昼席へ、嫁と行ってきました。
2名×2500円(前売)=5000円也。

補助席も出ていたようです。大入り満員。

【本日の演目】
牛ほめ/笑福亭笑助
親子酒/桂そうば
豊竹屋/桂花團治
(奇術)/松旭斎天蝶
京の茶漬け/桂福楽
千早ふる/笑福亭鶴志
~中入り~
紙屑屋・改/林家笑丸
ちりとてちん/桂春雨
寿眼無の本場所/桂三金
転宅/桂九雀

三味線/中田まなみ、はやしや福

▼笑助さん・・・、
「牛」のほめ方を教わらなかったので「普請」までかと思ったら「牛」まで。
▼そうばさん・・・、
ハイテンションで凄かったです。
▼花團治さん・・・、
『ぜんざい公社』か『昭和任侠伝』を聞きたかったなあ。
▼松旭斎天蝶さん・・・、
わんだふる佳恵さんが襲名されたんですね。
▼福楽さん・・・、
飄々とした上品な雰囲気が好きな方で、好きなネタで、満足です~。
▼鶴志さん・・・、
マクラから本編まで、六代目松鶴さんそのものでした。
▼笑丸さん・・・、
『紙屑屋』をベースに紙切りやウクレレが登場する笑丸さんワールド。
▼春雨さん・・・、
『鳴り物が入らない噺にお囃子を入れます』、とのことで始まりました。
本日は奥様のまなみさんがお囃子でしたので特別に~\(^-^)/
▼三金さん・・・、
設定が大相撲中継の『寿眼無』でした。
▼九雀さん・・・、
楽しく最後を締めていただきました。九雀さん好きです。

20160605.jpg

お持ち帰り@魚河岸のすしえびす(西代店)

昨日、これまでの経緯を記しましたが、
12日ぶりにアルコールを頂くことになりました~~\(^-^)/

“魚河岸のすしえびす”(西代店)にて
お持ち帰り用(おまかせ12巻入り)、815円、
単品で、うに、(一人前1巻)、380円、
単品で、とり貝、(一人前2巻)、300円
を調達。
計1495円+消費税119円=1614円也。

一人で食べ切れませんよ。夫婦二人分です。

霧島酒造の芋焼酎“黒霧島”のお湯割りをいただいてます。
すぐに酔いが廻ります。(感涙)

20160527.jpg

生餃子@餃子の王将(菅原通り店)

餃子の王将(菅原通り店)のチラシで、
“生餃子”の特売日とのことでしたので、調達、家で焼きました。
1人前200円(税込・箱代無料)×2人前=400円也。

20160526.jpg

実は、先週18日(水)、大腸ポリープを切除したのですが、
本日、お医者様から、食事、飲酒、運動のOKを頂きましたので、
“快気祝い”と相成りました~~~\(^-^)/

検査の前々日の16日(月)以来、10日ぶりの“通常食”でございました。

アルコールもOKですが、本日は、まだお水にしておきます(^-^)

第26回県美亭ワンコイン寄席@兵庫県立美術館(レクチャールーム)

ほぼ隔月で行われている吉次さんの会。
前から気になっていた会で、初めて嫁と行ってきました。

2名×500円=1000円也。500円という破格で嬉しいです。

開演1時間前の13時から入口でチケット販売ですが、
12時半くらいにはすでに50名ほどが並んでいました。
定員100名大入り満員でした。

【本日の演目】
つる/露の新幸
厩火事/露の吉次
~中入~
井戸の茶碗/露の新治

▼新幸さん・・・、
二度目の拝見ですが厳しく指導されているような好印象です。
▼吉次さん・・・、
鼻とのどの調子がお悪いようでたいへんそうでした。
▼新治さん・・・、
ワンコインで新治さんの『井戸の茶碗』が聞けて、
もったいない気持ちです。人物描写が素晴らしいですね。

▼中に入るのが初めての兵庫県立美術館(^^;
20160522.jpg

昼席@天満天神繁昌亭

繁昌亭の昼席へ、嫁と行ってきました。
2名×2500円(前売)=5000円也。

170名くらいの入りかと思います。

【本日の演目】
普請ほめ/桂華紋
鉄砲勇助/林家花丸
豊竹屋/桂花團治
(講談)秀頼薩摩落ち/旭堂小二三
大安売り/笑福亭風喬
茶屋迎い/桂文之助
~中入り~
青い瞳をした会長さん/笑福亭鶴二
職業病/桂小春団治
(女道楽)/内海英華
三十石/笑福亭松枝

三味線/入谷和女、佐々木千華

▼華紋さん・・・、
落ち着いた語りで安心して聞けます。
▼花丸さん・・・、
前半のサワリだけ。
▼花團治さん・・・、
直伝の“昭和任侠伝”を期待したのですがなかなか出会えません。
▼旭堂小二三さん・・・、
帰りのお見送りに出て来てくださったのですが、すごい美人でした(^-^)
▼風喬さん・・・、
好きな演目なのですが出会う機会が少ないです。
▼文之助さん・・・、
お上手な方の噺は光景が目に浮かびます。
▼鶴二さん・・・、
文枝さんの創作ですね。
▼小春団治さん・・・、
ご自身の創作です。
▼内海英華さん・・・、
“女道楽”としてお目にかかるのは初めてです。
▼松枝さん・・・、
話題の“ベッキー”も織り交ぜて(笑)。たっぷりと!

20160515.jpg

上方落語家一覧手ぬぐい@上方落語協会情報誌

上方落語協会情報誌『んなあほな』の中に
クロスワードクイズがありまして、毎号応募しているのですが、
抽選で、“上方落語家一覧手ぬぐい”が当選しました~。

しょっちゅう懸賞に当選している嫁とは正反対で、
懸賞にまったく縁が無い私にとっては、珍しい出来事です。

▼ピンクの可愛い手ぬぐい。
協会員ではない噺家さんも載っています~\(^-~)/
20160513.jpg

昼席@天満天神繁昌亭

世間の皆さまから少し遅れてお休みを頂きましたので、
繁昌亭の昼席へ、嫁と行ってきました。
2名×2500円(前売)=5000円也。

世間では本日が黄金週間最終日ということで、
100名くらいの少ない入りでした。

【本日の演目】
道具屋/笑福亭飛梅
僕たちヒローキッズ/桂三弥
饅頭こわい/桂花團治
(津軽三味線)/竹内獅士丸
狸賽/笑福亭喬楽
涙をこらえてカラオケを/桂文喬
~中入り~
くもんもん式学習塾/桂きん太郎
相撲場風景/露の団四郎
(乙女文楽)/吉田光華
青菜/桂九雀

三味線/中田まなみ、はやしや絹代

▼飛梅さん・・・、
注ぎ口が3個所ある急須が登場したのを初めて聞きました。
▼三弥さん・・・、
文枝さんの創作ですね。
▼花團治さん・・・、
実力がある方ですので安心して楽しめます。
▼獅士丸さん・・・、
昼席ならでは、落語以外の演芸として津軽三味線が聞けました。
▼喬楽さん・・・、
初めてお目にかかりました。
▼文喬さん・・・、
文枝さんの創作、本日2席目。
▼きん太郎さん・・・、
文枝さんの創作、本日3席目、偶然にしても凄い文枝率。
▼団四郎さん・・・、
この噺、久しぶりでした。
▼吉田光華さん・・・、
これまた昼席ならでは、初めて体験の乙女文楽。
▼九雀さん・・・、
凄すぎるくらい客席が大爆笑でした。九雀さん好きです(^-^)

20160508.jpg

第16回神戸新開地音楽祭(1日目)

早めに仕事を切り上げ、途中下車して、
神戸市兵庫区の湊川公園での“新開地音楽祭”へ。

1日目のプロ・ゲスト、
ばんばひろふみさん&杉田二郎さんのステージだけ見れました。

【本日のセットリスト】
01.風 (ばんば&杉田)
02.ふるさとさん (ばんば)
03.白い色は恋人の色 (ばんば)
04.『いちご白書』をもう一度 (ばんば)
05.SACHIKO (ばんば)
06.男どうし (杉田)
07.ANAK・息子 (杉田)
08.祈り (杉田)
09.戦争を知らない子供たち (杉田)
10.Have you ever seen the rain (ばんば&杉田)
11.この街で (ばんば&杉田)
~アンコール~
12.あの素晴しい愛をもう一度 (ばんば&杉田)
 ↑ ↑ ↑
お二人にそれほど興味はありませんが、
以上でたぶん合っていると思います・・・(^^;

▼画像は上手く撮れていませんが実際はよく見えました。安心してください。
20160507.jpg

から揚弁当@ほっともっと(高速長田店)

日曜日の朝食兼昼食、
ほっともっと(高速長田店)にて、“から揚弁当”を持ち帰り。
2名×470円=940円也。

以前いただいたチラシに載っていた“とりめし”を注文したら、
無いと言われ、
家に戻って見直したら、“ほっかほっか亭”のチラシでした(^^:

しかも、“ほっともっと”の50円割引券を持って行くのを忘れていて、
つらい朝となりました。

20160424.jpg

第11回露の新治寄席~さん喬・新治二人会@天満天神繁昌亭

東京の柳家さん喬さんと、
​上方の露の新治さんの二人会とのことで、
嫁と行ってきました。

補助席と立ち見の方もいらっしゃいましたので、
240名くらいの入りでしょうか。

2名×2500円(メール予約)=5000円也。

【本日の演目】
東の旅発端~煮売屋/露の新幸
皿屋敷/露の新治
抜け雀/柳家さん喬
~中入~
(曲独楽)/伏見龍水
ちりとてちん/柳家さん喬
鹿政談/露の新治

三味線/はやしや薫子

▼新幸さん・・・、
新治さんのお弟子さん。きちんと修行されていると感じました。
▼新治さん・・・(一席目)、
『狼講釈』か『紙入れ』を期待したのですが意外な出し物でした。
▼さん喬さん・・・(一席目)、
『たちきれ』を期待したのですが・・・。もちろんこれも絶品でした。
▼龍水さん・・・、
話術もお上手ですね~。
▼さん喬さん・・・(二席目)、
東京の『酢豆腐』が上方へ移植されて『ちりとてちん』になった、
と思っていたのですが、逆だそうです(^-^)
▼新治さん・・・(二席目)、​
『中村仲臓』だと思っていたのですが、違いました。
またの機会に期待しましょう~。

20160416.jpg

第452回もとまち寄席恋雅亭@神戸風月堂ホール

1978年(昭和53年)から始まった落語会で、
毎月10日におこなわれています。

嫁と行ってきました。
2名×1800円(前売)=3600円。

立ち見の方が30名ほどいたようで、230名くらいの入りでしょうか。
本日は、“三代目桂春團治追善公演”と銘打たれました。

【本日の演目】
しの字丁稚/桂福丸
子ほめ/桂福矢
転失気/桂文三
親子茶屋/桂米團治
~中入~
野崎詣り/桂春蝶
月並丁稚~有馬小便/桂福團治

三味線/入谷和女、勝正子

▼福丸さん・・・、
待望の、『しの字丁稚』を福丸さんで初体感できました~!
あとはどこかで『裏向き丁稚』に巡り合いたいです。
呂鶴さんか枝鶴さんくらいしか演らないのかなあ・・・。
▼福矢さん・・・、
不動産屋さんのマクラは2度目ですが面白いです。
▼文三さん・・・、
登場人物が全員明るくて楽しいです。
▼米團治さん・・・、
若旦那は米團治さんそのもののイメージです。
▼春蝶さん・・・、
登場人物の口調が現代人でした。なぜでしょう(?)
▼福團治さん・・・、
入門当時以来、50年ぶりに演じる『月並丁稚』だそうです。
しかも短い噺なので、もう一席、『有馬小便』を。

※最近、文枝さんのスキャンダルをネタにする場面によく遭遇します(^-^)
本日は、米團治さんと春蝶さんのお二人がいじってました~。

▽風月堂の『風』は正式には『虫』ではなく『百』でございます。
20160410.jpg