第163回須磨寺落語会@須磨寺

2016年02月14日 18:14

1983年(昭和58年)5月から始まった落語会で、
ほぼ隔月で行われる梅團治さんと鶴二さんの会です。
毎回200名を超える大きな会です。
嫁と行ってきました。

2名×1500円=3000円也。

【本日の演目】
始末の極意/桂鞠輔
おいなりさん/笑福亭鶴二
塩入村/露の団六
~中入~
お玉牛/桂梅團治
花筏/桂出丸

三味線/花登益子

▼鞠輔さん・・・、
華やかな雰囲気になりました。
▼鶴二さん・・・、
一般応募で入選した「さん付け」という創作だと思います。
▼団六さん・・・、
露の一門は珍しい噺をたくさん受け継いでおられますね。
▼梅團治さん・・・、
師匠の春團治さんの思い出をマクラに。
▼出丸さん・・・、
『利吉さん、居てるか?』と始まって、すぐに中止して、やり直し・・・。
元々やるつもりだった噺を始めてしまったそうです(笑)
たぶん『不動坊』の予定だったんでしょうね。
どうも好きになれない『不動坊』でなく、好きな『花筏』で良かった!

▽中入り(トイレ休憩中)のようす。
20160214.jpg
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事