第444回もとまち寄席恋雅亭@神戸風月堂ホール

2015年08月10日 23:31

1978年(昭和53年)から始まった落語会で、
毎月10日におこなわれています。

前売券完売で、立ち見の方もいらっしゃいました。
200名ちょっとの入りでしょうか。

嫁と行ってきました。夫婦とも仕事を終えて何とか間に合いました。
2名×1800円(前売)=3600円。

【本日の演目】
うなぎ屋/笑福亭由瓶
ポトフの作り方/桂あさ吉
悪酔い/笑福亭伯枝
明烏/桂文太
~中入り~
仏師屋盗人/林家小染
抜け雀/桂南光

三味線/勝正子

▼由瓶さん・・・、
大汗を拭きながらの熱演でした。
▼あさ吉さん・・・、
ご自身の創作で、この噺のサゲを理解してもらうために、
名作『芝浜』をサゲまで手短かにひと通り説明(笑)
▼伯枝さん・・・、
『替わり目』の『お前、まだそこにおったんか。』まで。
『“悪酔い”というお噺で・・・。』と終わられました。
▼文太さん・・・、
『無妙沢』を聞きたかったですが、じゅうぶんでございます(^-^)
東京のお噺をたくさん持っておられます。
▼小染さん・・・、
仏像の首を元に戻すところで、ぶつぶつ文句を言いながらも、
丁寧な仕事っぷりの主人公が好きなのですが、ちょっと・・・残念。
なまいき言ってすみません。
▼南光さん・・・、
オチは『天狗になるなということじゃ。』でした。
これからは『南光バージョン』と言われるようになるのかな(^-^)

▽風月堂の『風』は正式には『虫』ではなく『百』でございます。
20150810.jpg
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事