管理人の日記

ウェブサイト『かずしげの部屋』の管理人です。http://kazushigemi.web.fc2.com/

第158回須磨寺落語会@須磨寺

1983年(昭和58年)5月から始まった落語会で、
ほぼ隔月で行われる梅團治さんと鶴二さんの会です。
毎回200名を超える大きな会です。
嫁と行ってきました。

2名×1500円=3000円也。

ふだんは、幹事役の桂梅團治さんと笑福亭鶴二さんが
出迎えてくれますが、
桂紅雀さんと桂三語さんもいらっしゃいました~。

嫁が『あ、紅雀さん!』と声を出してしまいましたが、
『はい、紅雀です!』とさわやかに出迎えていただきました(^-^)
眼鏡も格好良かったです。

昨年末、繁昌亭で上方落語協会のカレンダーを買った際、
そばに居た三語さんが、『いらん、言うてもサインしますよ。』と言って、
自分が写っているページに強引に(笑)サインを入れたことを、
嫁が三語さんに話しましたが、覚えていないようでした(笑)

【本日の演目】
二人ぐせ/桂三語
代書屋/桂梅團治
高津の富/笑福亭鶴二
~中入~
親子酒/桂紅雀
宿屋ばばあ/笑福亭福笑

三味線/花登益子

▼三語さん・・・、
客の携帯が鳴りましたが、登場人物が携帯をネタにする方向に、
持っていくところは、余裕ありの感じでした。
▼梅團治さん・・・、
何度聞いても面白い‟代書屋”です。
▼鶴二さん・・・、
‟竹の水仙”かな、と、夫婦で勝手に想像しましたが、はずれ(^^;
登場人物が多い難しい噺ですね。
▼紅雀さん・・・、
酒呑みのマクラからエンジン全開で、
某議員で話題の‟路チュー”も織り交ぜて大爆笑でした。
▼福笑さん・・・、
風邪で喉の調子が良く無いそうでしたが、熱演でした。

開演前の様子。
20140315.jpg
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう