第157回須磨寺落語会@須磨寺

2015年01月25日 19:29

1983年(昭和58年)5月から始まった落語会で、
ほぼ隔月で行われる梅團治さんと鶴二さんの会です。
毎回200名を超える大きな会です。
嫁と行ってきました。

2名×1500円=3000円也。

【本日の演目】
狸の鯉/林家愛染
青い瞳をした会長さん/笑福亭鶴二
木津の勘助/笑福亭伯枝
~中入~
流行り病/桂梅團治
紺田屋/桂文我

三味線/花登益子

▼愛染さん・・・、
『狸賽』と少し似た珍しいお噺。
元々、東京の噺でしょうか?
▼鶴二さん・・・、
坊主頭にされていたのでビックリ。
文枝さんの創作ですね。爆笑!
▼伯枝さん・・・、
こちらも珍しいお噺。
動画サイトで鶴光さんのを見た際、内容が伝わって来なかったのですが、
伯枝さんの丁寧な演じ方で内容が良く理解できました(^-^)
▼梅團治さん・・・、
梅團治さんご自身の創作です。
フィクションに限りなく近い鉄道の噺です~。
▼文我さん・・・、
きっと珍しいお噺をしてくださると期待した通りでした(^-^)
いい噺ですねえ。

本日1月25日は、“初天神”なのに、
どなたも、“初天神”を演じられなかったと、嫁は残念そうでしたが、
珍しいお噺のオンパレードで私は大満足でした。

中入り(休憩~トイレタイム)の様子。
20150125.jpg
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事