第155回須磨寺落語会@須磨寺

2014年09月14日 18:35

1983年(昭和58年)5月から始まった落語会で、
ほぼ隔月で行われる梅團治さんと鶴二さんの会です。
毎回200名を超える大きな会です。
嫁と行ってきました。

2名×1500円=3000円也。

【本日の演目】
赤ちゃん談義/桂ぽんぽ娘
祝のし/笑福亭鶴二
鹿政談/桂米平
~中入~
須磨の浦風/桂梅團治
藪入り/桂福團治

三味線/花登益子

▼ぽんぽ娘さん・・・、
赤ちゃん同士が会話するという不思議な設定。
▼鶴二さん・・・、
春團治さんのお得意で、正直しっくりこなかった噺でしたが、
鶴二さんで久しぶりに聞いて、カラダに馴染みました(^-^)
▼米平さん・・・、
ぜひ『五光』を演って欲しい、と思っていたのですが(^^;
お話が丁寧ですねえ。お人柄でしょうか(^-^)
▼梅團治さん・・・、
演題は知っていましたが、初めて聞いた珍しいお噺です。
最近ネタおろしされたと思うのですが・・・。
▼福團治さん・・・、
『くっしゃみ講釈』をやるつもりだったところ、
手を痛めてしまい、動きの少ないネタを変えられたとのこと。
満足。

20140914.jpg
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事