管理人の日記

ウェブサイト『かずしげの部屋』の管理人です。http://kazushigemi.web.fc2.com/

第43回浜山寄席@浜山地区まちづくり相談所

2008年(平成20年)から始まった会で、
奇数月の第三水曜日におこなわれている、
三若さんと三ノ助さんの会です。

神戸市兵庫区、ノエビアスタジアム神戸のすぐ近く。
90名くらいの入りだったでしょうか。

嫁と行ってきました。
2名×1000円=2000円也。

【本日の演目】
桂三ノ助/幽霊アパート
桂三若/七度狐
(出演者3人による鼎談)
桂花團治/仔猫

三味線/はやしや美紀

▽三ノ助さん・・・、
文枝さんの創作ですね。
▽三若さん・・・、
嫁はお気に召されないようで、終始不機嫌でした(笑)
たっぷりフルで演じられ、それなりに良かったですよ。
▽花團治さん・・・、
‟皿屋敷”かなと思っていたら、好きな‟仔猫”でした!
嫁は、‟仔猫”を初めて聴けて、ご満悦でした。
おなべが真相を語る場面では、会場が静寂に包まれました。凄い。

花團治さんが演じられた後、
三味線の‟はやしや美紀”さんも紹介され出て来られました。
お綺麗でした(^-^)

▽開演前の様子。
20150819.jpg
スポンサーサイト

第444回もとまち寄席恋雅亭@神戸風月堂ホール

1978年(昭和53年)から始まった落語会で、
毎月10日におこなわれています。

前売券完売で、立ち見の方もいらっしゃいました。
200名ちょっとの入りでしょうか。

嫁と行ってきました。夫婦とも仕事を終えて何とか間に合いました。
2名×1800円(前売)=3600円。

【本日の演目】
うなぎ屋/笑福亭由瓶
ポトフの作り方/桂あさ吉
悪酔い/笑福亭伯枝
明烏/桂文太
~中入り~
仏師屋盗人/林家小染
抜け雀/桂南光

三味線/勝正子

▼由瓶さん・・・、
大汗を拭きながらの熱演でした。
▼あさ吉さん・・・、
ご自身の創作で、この噺のサゲを理解してもらうために、
名作『芝浜』をサゲまで手短かにひと通り説明(笑)
▼伯枝さん・・・、
『替わり目』の『お前、まだそこにおったんか。』まで。
『“悪酔い”というお噺で・・・。』と終わられました。
▼文太さん・・・、
『無妙沢』を聞きたかったですが、じゅうぶんでございます(^-^)
東京のお噺をたくさん持っておられます。
▼小染さん・・・、
仏像の首を元に戻すところで、ぶつぶつ文句を言いながらも、
丁寧な仕事っぷりの主人公が好きなのですが、ちょっと・・・残念。
なまいき言ってすみません。
▼南光さん・・・、
オチは『天狗になるなということじゃ。』でした。
これからは『南光バージョン』と言われるようになるのかな(^-^)

▽風月堂の『風』は正式には『虫』ではなく『百』でございます。
20150810.jpg

第160回須磨寺落語会@須磨寺

1983年(昭和58年)5月から始まった落語会で、
ほぼ隔月で行われる梅團治さんと鶴二さんの会です。
毎回200名を超える大きな会です。
嫁と行ってきました。

2名×1500円=3000円也。

【本日の演目】
軽業/森乃石松
おごろもち盗人/桂吉坊
私が温泉に行かない理由/いなせ家半七
~中入~
青菜/桂梅團治
算段の平兵衛/笑福亭鶴二

三味線/花登益子

▼石松さん・・・、
ちょっと声の調子とリズムが悪そうでした。
▼吉坊さん・・・、
5時から天王寺の落語会の予定が入ったそうで、
トリ前から二番目に急きょ変更でした。
嫁は吉坊さんを気に行ったようです(^-^)。
▼半七さん・・・、
東京の落語家さんです。ご本人の創作でしたが、
途中『古典のほうが良かったかな』と言われました。
はい、おっしゃる通りです。
▼梅團治さん・・・、
さらっとやや短めに。
▼鶴二さん・・・、
最近、同期の月亭文都さんから教わったとの事だったので、
予想通り、『算段の平兵衛』でした(^-^)
逆に文都さんへは『猫の災難』をネタ交換で伝授したようです。

▽開演前の様子。
20150802.jpg